海外FX~スキャルピングの勝率アップのコツ④NDD方式⑤取引時間帯

海外FXでのスキャルピング取引における勝率アップのコツとして、以下の項目を取り上げてきました。

コツ①損切りと利益確定のルール設定と厳守
コツ②スプレッド
コツ③約定力

ここでは、コツ④NDD方式と⑤取引時間帯を紹介します。

コツ④NDD方式

海外FXで採用されている取引方法として、NDD(Non Dealing Desk)方式があげられます。

一方、国内FXでは、DD(Dealing Desk)方式がメインで使われています。
スキャルピングを行うのであれば、NDD方式のFX会社に口座開設をすることが第一条件です。

DD方式のFX会社は、スキャルピングのような短時間のトレードを禁止しているケースも少なくありません。

もちろん、NDD方式の海外FX会社の中には、スキャルピングが認められていないところも存在します。
海外FX会社への口座開設前には、必ず、自身の希望するトレード手法が可能なことを確認してください。

規約違反として扱われてしまい、口座の凍結や約低拒否などに遭うことも考えられます。

コツ⑤取引時間帯

海外FXでのスキャルピング取引には、向いている時間帯とそうでない時間帯があります。

例えば、日本時間の9時から17時は東京市場。16時から22時はロンドン市場。21時から6時はNY市場が開催されます。

特に16時から24時にかけて、それぞれの市場の取引時間が重なる時間帯は、活発化しやすい傾向があるようです。各国の要人の発言や、政策の発表なども踏まえた上で、トレードに臨むことをおすすめします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です