海外FX~スキャルピングで得られる3つのメリット

海外FXで行われるスキャルピングとは、短時間で取引を繰り返し、一見少なく見える利益を積み重ねることで、結果的に大きな利益をもたらすトレード手法を指します。

時間帯によっては、数十秒単位で、注文から決済の完了を行うケースも珍しくありません。

ここでは、海外FXでのトレード手法のひとつ、スキャルピングで得られる3つのメリットを紹介していきます。

スキャルピングのメリット①毎日1時間からトレードができる

スキャルピングの一番のメリットとして、毎日1時間からトレードができる点があげられます。

早朝はスプレッドが広くなりやすい傾向があるため、避けたほうが無難ですが、夜間や日中の任意の時間帯を選んで取引をすることが可能です。

そのため、会社員などの本業を持った方が、退社後に自宅にて、海外FXのトレードを副業のごとく展開するケースも考えられます。

スキャルピングのメリット②利益が短時間で得られる(可能性がある)

スキャルピングは、利益が短時間で得られる(可能性がある)点も、メリットに含まれるでしょう。

特に一定の価格帯を行きつ戻りつする「レンジ相場」(ボックス圏相場)において、スキャルピングがハマった際には、大きな利益を上げることもあり得ます。

スキャルピングのメリット③ロスカットが適用されにくい

スキャルピングは、短時間で取引を行うため、建玉(ポジション)をキープする時間も、おのずから短くなります。

その結果として、ロスカットが適用されにくいという要素も、メリットのひとつとなり得るでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です