特殊清掃の流れ①

マンションやアパートの部屋などの引き渡しをする際に、次の入居者を迎え入れるための原状回復が行われます。原状回復では、ハウスクリーニングなどの清掃や、壁紙やカーペットの貼り替えや劣化した部品の交換などが主な内容となります。

孤独死や自殺などが起きてしまったいわゆる事故物件(心理的瑕疵物件)の場合、原状回復の際に「特殊清掃」と呼ばれる、文字通り「特殊な清掃」が実施されることがあります。ここでは、事故物件などの原状回復で採用される、特殊清掃の流れについて解説していきます。

1.害虫駆除

特殊清掃を実施する部屋の中には、遺体から発生したハエやゴキブリなどの害虫が蔓延しています。まずはそのような害虫が他の部屋や他の建物などに移らないように、しっかりと駆除をしておきます。最初に害虫を駆除することで、その後の作業も進めやすくなるためです。

2.回収・撤去

続いて遺体のあった場所の布団や畳、カーペットやフローリングなどの回収および撤去を行います。遺体のあった場所には体液が染み込んでいるため、なるべく早く外に出すことで、腐敗臭を取り除きやすくします。

3.拭き取り・洗浄

壁や床に染み込んだ体液などの汚れを、雑巾やブラシなどを使用して拭き取ります。汚れが厳しい場合には、壁紙や床材の交換をすることもあります。現場の状況によっては、壁紙の基礎部分の石膏ボードや、床下の板などを新しいものに交換することで、臭いのもとを完全に断ち切ります。