特殊清掃業者を選ぶ3つのポイント

自殺や孤独死などのいわゆる事故物件の原状回復で利用される特殊清掃は、歴史の浅い業界のため、悪徳業者の被害に遭うケースも少なくないようです。ここでは、特殊清掃業者を選ぶための3つのポイントについて解説していきます。

1.作業内容が明確なこと

きちんとした特殊清掃業者のホームページには、遺体の腐敗臭を消臭するための作業内容や使用する機器や薬剤が掲載されています。消臭効果については実際に利用した人の話を聞いてみるしかありませんが、気になるところがあれば業者との見積もりの際に質問をしてみましょう。

2.費用は高すぎず安すぎず

前述したように、特殊清掃は歴史の浅い業界のため、費用の相場がきちんと確立されているとは言い難い部分があります。中には激安価格で興味を持たせた後、作業後に高額の費用請求をすることもあるようです。極端に安すぎるところは候補から外して探すようにした方がトラブルを未然に防ぐことにつながります。

3.遺品整理も行っている

特殊清掃業者の中には、遺品整理も同時に行っているところもあります。特殊清掃の現場には、故人の残した品物があります。すべてを不用品として処分してしまいますと、遺族への形見の品が残らないことにもつながります。

そのため、特殊清掃の作業を進めつつ、遺品整理も行うことが重要です。遺品整理を行っている場合、ホームページに記載されていることがほとんどのため、そうした業者に絞っていくと、見つけやすいかもしれません。