海外FX~スキャルピングの勝率アップのコツ④NDD方式⑤取引時間帯

海外FXでのスキャルピング取引における勝率アップのコツとして、以下の項目を取り上げてきました。

コツ①損切りと利益確定のルール設定と厳守
コツ②スプレッド
コツ③約定力

ここでは、コツ④NDD方式と⑤取引時間帯を紹介します。

コツ④NDD方式

海外FXで採用されている取引方法として、NDD(Non Dealing Desk)方式があげられます。

一方、国内FXでは、DD(Dealing Desk)方式がメインで使われています。
スキャルピングを行うのであれば、NDD方式のFX会社に口座開設をすることが第一条件です。

DD方式のFX会社は、スキャルピングのような短時間のトレードを禁止しているケースも少なくありません。

もちろん、NDD方式の海外FX会社の中には、スキャルピングが認められていないところも存在します。
海外FX会社への口座開設前には、必ず、自身の希望するトレード手法が可能なことを確認してください。

規約違反として扱われてしまい、口座の凍結や約低拒否などに遭うことも考えられます。

コツ⑤取引時間帯

海外FXでのスキャルピング取引には、向いている時間帯とそうでない時間帯があります。

例えば、日本時間の9時から17時は東京市場。16時から22時はロンドン市場。21時から6時はNY市場が開催されます。

特に16時から24時にかけて、それぞれの市場の取引時間が重なる時間帯は、活発化しやすい傾向があるようです。各国の要人の発言や、政策の発表なども踏まえた上で、トレードに臨むことをおすすめします。

海外FX~スキャルピングの勝率アップのコツ②スプレッド③約定力

海外FXのトレード手法のひとつ、スキャルピングの勝率アップのコツとして、「①損切りと利益確定のルール設定と厳守」を前回の記事で紹介しました。
ここでは、勝率アップのコツ②スプレッド③約定力を解説していきます。

コツ②スプレッド

海外FXは、国内FXと比べてスプレッドが広い傾向が見受けられます。
海外FX会社の場合、スプレッドを収入源としていることがその理由です。

特にスキャルピングは、短時間のうちに、非常に多くの回数の取引を重ねます。
そのため、スプレッドに注目することが、トレードコストを抑え、利益率を高めることにつながるでしょう。

0.1pips⇒100回のトレードで10pipsの差
0.5pips⇒100回のトレードで50pipsの差

取引手数料

開設する口座の種類によっては、スプレッドに取引手数料が加わるケースもあります。

STP(Straight Through Processing)口座

スプレッドが比較的広めではありますが、取引手数料は無料です。

ECN(Electric Communications Network)口座

STP口座と比べてスプレッドが狭くなる反面、取引手数料が発生します。

コツ③約定力

FX会社の約定力の高さも、スキャルピングの勝率アップに関わる要素です。

特に短時間で注文と決済を繰り返すスキャルピングでは、約定力が低いと、利益が出たはずなのに、決済までの時間経過で利益が少なくなったり、場合によってはマイナスになることも考えられます。

海外FX~スキャルピングの勝率アップのコツ①損切りと利益確定のルール設定と厳守

海外FXのスキャルピングの勝率アップのコツ①は、損切りと利益確定のルールを設定し、厳守することです。

海外FXは、利益を得る反面、損失を負うことも考えられます。
ところが大多数の人々は、自分にとって都合の良い情報に惑わされるケースが珍しくありません。

特にスキャルピングのように、短時間でトレードを繰り返す手法では、良いムードの状態ならともかく、悪いムードの時ほど、的確な判断から遠ざかっていく傾向が見受けられます。

そうならないためにも、自分なりに損切りと利益確定のルールを定めて、ブレずに守っていくことが、トータルでの利益につながるでしょう。

コツ①損切りと利益確定のルール設定と厳守

海外FXでの損切りおよび利益確定の参考として、スキャルピングとデイトレードのタイミングを紹介します。

スキャルピング

利益確定⇒10pipsより低め
損切り⇒5pipsほどの幅で設定

デイトレード

利益確定⇒100pipsより高め
損切り⇒50pipsより低めの幅で設定

スキャルピングは短時間でトレードを繰り返すため、デイトレードと比べると、利益確定や損切りのタイミングを低めにすることが求められます。

海外FXで損切りが必要な理由

海外FXや株式投資では、利益確定をしない状態を「含み益」、または「含み損」と呼ばれます。

特に海外FXはハイレバレッジのため、少しのマイナスでも多額の損失を負うリスクが高いでしょう。強制ロスカットを防ぐためにも、トレーダーには損切りが必要なのです。

海外FX~スキャルピングで生じる3つのデメリット

海外FXで使われるトレード手法のスキャルピングは、1時間~2時間程度で取引に臨むことができるため、利益をあげることで、会社員などが副業的に行うことも可能としています。

ここでは、海外FXでのスキャルピングで生じる3つのデメリットを取り上げていきましょう。

スキャルピングのデメリット①トレードコストが高額になりやすい

スキャルピングは、タイミングによっては、数十秒単位で、注文から決済までフィニッシュすることも考えられます。

当然、トータルの取引回数も多くならざるを得ません。そのため、注意していないと、トレードコストが高額になりやすい傾向があります。

比較的スプレッドの狭い海外FX会社を選ぶことで、トレードコストの高額化を防ぐことにつながるでしょう。

スキャルピングのデメリット②「損切り」の判断を誤ると多額の損失も

スキャルピングは注文から決済までの時間が非常に短いため、トレーダーには、スピーディーかつ的確な判断が求められます。

特に重要なのが「損切り」のタイミングです。損切りの判断を誤ると、多額の損失を負うこともあり得ます。

スキャルピングのデメリット③精神面の負担

スキャルピングのデメリットには、精神面の負担も忘れてはなりません。
特に短時間でのマイナス取引が続く場合、冷静な判断をすることが困難になることも考えられます。

目に見える形で証拠金も減っていくため、一発逆転を狙うような無茶なトレードにトライしてしまい、損失を広げてしまうケースも。不調のときは、あえてトレードから離れる決断も求められるでしょう。

海外FX~スキャルピングで得られる3つのメリット

海外FXで行われるスキャルピングとは、短時間で取引を繰り返し、一見少なく見える利益を積み重ねることで、結果的に大きな利益をもたらすトレード手法を指します。

時間帯によっては、数十秒単位で、注文から決済の完了を行うケースも珍しくありません。

ここでは、海外FXでのトレード手法のひとつ、スキャルピングで得られる3つのメリットを紹介していきます。

スキャルピングのメリット①毎日1時間からトレードができる

スキャルピングの一番のメリットとして、毎日1時間からトレードができる点があげられます。

早朝はスプレッドが広くなりやすい傾向があるため、避けたほうが無難ですが、夜間や日中の任意の時間帯を選んで取引をすることが可能です。

そのため、会社員などの本業を持った方が、退社後に自宅にて、海外FXのトレードを副業のごとく展開するケースも考えられます。

スキャルピングのメリット②利益が短時間で得られる(可能性がある)

スキャルピングは、利益が短時間で得られる(可能性がある)点も、メリットに含まれるでしょう。

特に一定の価格帯を行きつ戻りつする「レンジ相場」(ボックス圏相場)において、スキャルピングがハマった際には、大きな利益を上げることもあり得ます。

スキャルピングのメリット③ロスカットが適用されにくい

スキャルピングは、短時間で取引を行うため、建玉(ポジション)をキープする時間も、おのずから短くなります。

その結果として、ロスカットが適用されにくいという要素も、メリットのひとつとなり得るでしょう。